2016年06月09日

発信

インターネットという匿名性の高い発信から
メディアを通じてさらけ出す発信と ここのトコロ内容に話題性が高いように思います。

クリティカルシンキング。

そこをもう少し付随して発信していただきたい。


アタシは【トーク番組】が好きだ。
といっても朝の番組ではなく、ちゃんとホストが居てゲストがトークする収録系の番組。
それを見ながら 「上手い編集」に自分が引き込まれる。その感覚が好きなのだ。


生放送であれば段取りの悪さやCM中の状態がわからないなど
別の面白さもあるだろうが なんかその感じが【好き】とまで行かない。

朝の番組のように日々のネタを題材として
専門家などが話すことを知識として得てしまうのも好きになれない。

収録時間は何時間もあったのに道しるべ的に放送時間内に編集された
というのが【努力】【熱意】と感じてしまうのだ。

【ヤラせ】と叩かれないのが良い(笑)

もし、出演者にとって相違があれば【トーク番組はもう出ない!】となるだろう。
と考えたり想像の範囲が広がる。


一番苦手なのは時代背景がある実話っぽい小説ばりの本。
1人の人間がどう考えて書いたのか。と考えてしまい苦手。。。となる。


世の中には想像できないような出来事が起こる。

いや、想像以上の出来事が起こるのか
想像できるレベルが低く(範囲が狭く)【想像できていないだけ】なのか。


掘り下げて考えたい事柄が少ない=興味の範囲が狭い のか。


ファンモン加藤さん。
一般人にはよくあるネタです。
中絶をしないで産むと決めた女。。。
それを支える元夫。

芸能人であるがゆえに責任に重みを置いてると感じましたね。

アタシは出産を決意した女が好きになれない考え方の人間です。


生まれてくる子に罪はないが、
生まれてくる子に W不倫の末に授かったという現実を
生まれる前から植え付ける母性を疑います。


離婚はしないが不倫相手から生まれてくる子の戸籍をきちんと確保する、
不倫相手の子を身ごもった元嫁のサポートをする元夫の行動は
一般人の事例としては少ないことと思います。

特に低所得層だと中絶や不倫相手と再婚 となるケースが多いでしょう。


そこを考えるべし。

少子化とはいえ、待機児童だ保育のレベルだ うっさいくらい
おかーさんってのは子供の教育に熱心ですが
W不倫の果て生まれてくる子の教育も ちゃんと熱心に行っていただきたい。


生まれてくる子は親を選べないといいますが
選べるとしたら その親を選ぶのか。

アタシはこのことにアリ地獄のようにハマりこんで中絶した女です。
といってもその相手と結婚し14年近く夫婦してましたがね。

離婚した時、やっぱり産まなくて良かったと確信しました。

そして欲しくても産めない現実を10年近く経験し
産まない生き方に ようやく慣れた。


そんで乳がんの告白を夫の口から公表。
それも あの週刊誌がスッパ抜いたことが引き金。


売れる為に人のプライバシーもクソもねぇ雑誌。
そしてその雑誌を金出して買う輩。
その内容を面白おかしくレベルの低い価値観で暴言しか吐けない輩。

世界一寿命が高い国 日本。

少子化だの高齢化だのが問題という前に
観点ずらして考えろってのよ。

若者に負担だと?
高齢者が若者だった時の負担は無視ですか?

今のこの時代を作ったのはどの世代ですか?

貧乏くじ世代と造語を作った精神科医も受け付けない。

高度成長期に今の若者が存在したら どーだったんだっつーの。



先輩=年齢や経験じゃねーってのよ。

教え伝え育てるのが先輩。


ゆとり
さとり

世代分けはどーでもいいので
もう少し【考える範囲を広げる負のオーラを減らす教育】をしてください。








あぁ。1人 匿名で発信する小心者のアチキ。。。クスクス


posted by がめたん at 18:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする