2015年12月19日

お引越し

思い起こせば実家から出て9回目のお引越し。
別に転勤族でもなんでもないのですがね。。。

実家が無いってのは本当に不便で
荷物が半端ねーのですわな。

「あ、お母さん?○○そっちにあるよね?貸してくれない?」
なんてことも出来ず。。。
たま〜に来る客の為に布団やらタオルやら食器の枚数まで【ご家庭レベル】


まぁそんあこたぁいいとして。

まぁ進学することが引っ越しの理由になるわけです。

片道一時間ちょい。
道路規制されると1時間20分とか。

すすすい〜っと行ければ50分だったり。

実習だと往復3時間とかきついわけですよ。
あくまでも車を走らす時間なので、
車から降りて目的地まで歩いて
着替えて準備して提出物集めて〜なんてやってると

【常にアドレナリーーーーン】な時間がハンパねぇの。

だから【実習終了】って控室戻った瞬間 ドカーーーンと疲れる。

そこで帰宅までにまたアドレナリーーンわっさわっさで
記録して〜なんてやってんと寝る時間が4時間ありゃ御の字の平日…

老体にムチ打ちまくったとこでヘロガッパ。
QPコーワゴールドαなんて1日もたないもんね。

看護学生は専門学校系は大抵働きながらの人が多い。

朝数時間はたらいて授業終わったらまた数時間とか
週末の休日を夜勤したり。

でも実習中は休みにして週末だけ夜勤とか
夕方のみとかになるんだよね。

それをアタシは完全に出来ない。

みんなと同じことしたら寝る時間が2時間とかになっちまう。
車運転してる時間に提出物(記録)が出来てしまうのよね…


な生活が耐えられないと思って仕事はせずに学業のみ。ありがたや〜。。。

でも引っ越したところで片道30分になる程度。
その分 進学したら授業のコマ数が増える&昼飯持参の日々になるからね…
どーなることやら…

でも引っ越しは気分転換になるし大掃除出来るから好き。

家賃2か月分くらいの引っ越し費用がかかるけど
そんなもんは同居人が出すから関係なし。


貧乏で人生ムダにしたって何年も卑屈になることがあったけど
このトシで金の心配しなくてよい環境はありがたい。

いつまでもあると思うな親と金。
貧乏なまま親がサッサといなくなって30代後半まで金の苦労引っ張って…

年金もらうまでには多分安定した給料は稼げるだろうから
神様は本当にいるのかもしれないなって思います。

いつまでもいると思うな神と金…

posted by がめたん at 02:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]