2016年01月07日

あけちゃっておめでたかった

明日から学校です。
週末には引っ越しです。

冬休み中、ひたすらブチ切れて
つま先ぶつけまくり
手先挟みまくり。

本当に思考回路が底辺な輩が増えまくって
イラつきがハンパねー。

マニュアル以外のことが言えない&やれない&考え付かない

ならまだしも
「それは○○で」なんぞ底辺の主観を押し付けやがる。


つまるところ気遣いの方程式は年代別で違うわけではなく
身の程知らずな主観教育はどこで行われているのだ?

評価・評論能力ばっか高まって
実行能力は無いって不思議。

反省だとか振り返りも出来ず
計画性もまったくない。
応用も出来ない。

【余計なことはしない】って方程式なんだろうけど
機械化され続ける世の中で
人間が存在価値を高めないってのはいかがなものか…


本来 痛みを知る人は
考え深い生き物になりやすい。


はずが

痛みを知ることで精神的に病む傾向や
犯罪傾向に向かいやすいと言われる率が高まった。

痛みのレベルが複雑になったからなのか。


いや、親が借金しようが自殺しようが
借金返済に何十年かかっても
法をおかさない人種もいる。
法をおかせば情状酌量。

意味がわからん。


アタシはその中間で
借金を返済しきれずに自己破産をしたが
免責後の7年間を【罪】として自分に当てはめて過ごした。

7年を過ぎて1年経過し
アタシは【再犯を犯さない】と意識してる。

ドうつで自己破産はアッサリと認められ
【たった300万】で自己破産したのだが
アタシにしてみりゃ【されど300万】だ。


「7年で返せる金額だったんじゃない?」と言われる。


いや、あの頃アタシは自分が生きてくために
何かをしなけりゃいけないという感覚すら持てなかった。

何も出来ないまま年数を重ねていくんじゃねーかって感覚が
本来のアタシを呼び起こしたのがキッカケで
【うつで自己破産をする人は多い】
【自己破産をきっかけに病気を治そうとする人も多い】


そう言ってくれたのがたまたま相談に行った
司法書士の人だった。

弁護士じゃなかったんだ。


だから「ここからここまでは自分自身でやって下さい」って流れが
更に本来のアタシの性格を呼び戻すキッカケに繋がった。

成せば成る。
口先だけの人種になりたくねー!なアタシに。


でも今思うと
そういう人種は今の世の中では【出る杭】なんだよね。


アタシは中学も2年しか行ってないし、
家庭は嘘でも裕福だったなんて絶対言えない貧乏家庭だったわけ。

しかもウツになってるってことはよ、
出来もしないことやろうとし続けたから壊れたってことですよ。

でもさ、そんなこと言ったところで
何も変わらんわけだわね。


でもね、アタシはアタシの進化を止めたくないので
自分が変わってきゃいいやって割り切ることにした。

アタシはアタシが助けたい人しか助けないし
伝えたい人にだけ伝えてきゃいいやって。

いつまでも自分は仕方なく病んでて
仕方なく「したくもない生活を続けてる」なんつー人と
関わってもアタシにはメリットが無い。

世の中には生まれ持っての病を抱えてる人もいる。
世の中には身から出たサビじゃないのにケツ拭き続けなきゃいけない人もいる。

アタシはそれでも時間を無駄にしたくないと考える人に近づける生き方がしたい。


それじゃーいかんのだよ!と考える人でいたい。


そう思う年末年始でございました。





posted by がめたん at 02:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]