2016年07月01日

倫理

昨日、TVでスクープする側される側の番組やってたのを観ました。
銀魂コグリ化でモンモンしてクーラーつけないでムンムンしてたのもありますが
礼子様の【夫覚せい剤問題】を無視したかったのもありまして。


アタシの元夫は知り合った時はカタギでしたが
現在は現役復帰してるようです。

アタシが離婚を決意した理由は
掃除機のフィルター内みたいなもんで
開けてみたらアレコレと詰まってたってことなんですが、
まぁシャブ復活も1つです。


会社の経営状態(カタギです)がおかしくなって
どんどん痩せてく、元気があったり無かったり。
でも10年以上の夫婦関係で【根拠のない信頼関係】みたいなものに
なんとなく【あたりまえ】が付加されてて
ちょっとした変化もシャブとは想像出来なかった。

でも最終的にDVになるまで1年弱の時間がかかって
開けてみた箱には元々居た組の【カシラ】ってのと付き合いが復活してたことを知るわけです。

困った時に寄りかかるのはアタシではなかった。これが結果論。
そこから【まさか…】と隠れて探して見つかったのがパイプと結晶。

アタシは即座に警察に…と考えた。

けど出来なかった。


アタシの中に【更生するまで見守る、支える】という感情はなく、
「関わりたくない」ことが莫大に膨張したのを覚えてます。


なのでアタシは清原の元嫁の行動に近い選択をし、
礼子さんの行動はアタシにとって【見たくない真実と向き合う姿】だったのだ。


そこで本日は報道中にツイッターがテロップされる番組を見て
題名の【倫理】を打ち込むナウ。

「気づかなかったわけがない」


気づいたらなんだってんだ。
清原元嫁と同じように離婚してたら納得なのか?
子供が居ないってのはココなのよ。

子供がいれば【守るため】と切り替えられんのさ。

子供がいねーと【対相手】になっちまって
離婚は個人プレーとしていかがなもんか?
逃げなんじゃねーか?
そーさせたのは自分のせいじゃねーのか?ってなっちまう。


信じ切ってたがゆえに見えない。そんなこともわかんねーのかよ。




アタシが不安なのはその後のこと。
アタシもそうだったが【その時】は気が張ってっから なんとかしようって動ける。

でもその後1年ちょっとしたころから異変がおきてウツになった。 
誰もが【まさか嘘でしょ?】という【アタシからは想像できないウツ】に。
燃え尽き症候群ってやつ。


気丈に振る舞うだけでなく、
きちんと確認するように受け答えをした礼子さんを見て

アタシらは 発言するだけじゃなく
そういう人らに何が出来るか考えることも必要。

責めるだけでなく どうすれば更生するのか。

犯罪をおかすことも 巻き込まれることも
その人の問題と責めるだけなら簡単なのよ。本当に。

それをどういう方向性で
罪の意識と更生の決意を受容させていくか。

身内や関わりのある人も同じように
責める一方向の人生は寿命を縮める。

何十年たっても同じような事件が起きればメディアに流れる。

個人情報保護法よりも
関係者保護法として10年経過したらメディア流出禁止とかさ。

なんとかなんねーかね。


のりピーだって更生して必死なのに
弟が捕まりゃコメント求めるとか なんとかなんねーか?

んでどこぞの妊婦さんのスクープに対しては
プライベートは可哀想〜〜〜ってさ…


礼子さんも現在妊娠中
乳がん治療中

となれば

【気づかないのはおかしい】なんてコメントは出ないのかしら。

そーゆー問題か?

いやいや、健康万歳な状態でも
信じ切ってた相手、同士的存在の人に
裏切られたってズッシリ感じることソノモノが相当なダメージです。

気づいたところで、離婚しよーが縁きってようがダメージはダメージなんだ。


マジでさ、言論の自由ってのは
倫理無視した傷に塩塗る攻撃的批判発言じゃねーよ。


ハッキリ言わなきゃ【相手の為にならん】【危険】って時の批判は問題解決になるが
気づきませんでしたって発言に
嘘でしょ?本当は気づいてたんでしょ?
ってのは問題解決にもなんにもならーーーーーーん!


ああああああああああああああああああ!


マジで倫理は高校からじゃなくて義務教育からぶっこめよ文部科学省!

posted by がめたん at 20:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]