2016年03月21日

ガッツリ春休み

いや〜本当にガッツリ休んでます。
同居人のおかげですな。ありがたやありがたや。。。

そもそも、看護学校ってのは本当に様々で、
アタシの行ってる学校は夏休み4週間 冬・春2週間なんです。
ですが、2年制なので2年の春休みは試験の前後に【自宅学習】として
飛び飛びに休みがあって、
更に2年制に進学する場合、卒業式〜入学式まで約1ヶ月お休み。
4年間で一番長いお休みとなります。

本当はマンスリーでも借りて…なんて旅も考えた(滅多に出来ないこととして)

でも刺青やら耳の腫瘍切るだとか調子悪くて薬物療法とか…

まぁ仕方ねーよね。これも自分のことだから。


資格試験終わってすぐの週末に久々に大阪へ。
本当に楽しかったなぁ。
観光してないけど。
新幹線からの景色が本当に良かった。窓側の席を取ってもらったんだけど、
往復 富士山を見る側の席で、
【みどりの窓口、なかなかやるじゃねーか!】なんて思ったりもした。
・・・振り返ると発売日初日(乗車日の1ヶ月前)に買ってるんだから当たり前?

いや、感謝の気持ち忘れるべからず。

そして、年始に引っ越して思ったこと。

埼玉(西部)とか東京都下の山に近いとこの人って

ぶつかりそうになっても謝らない。
レジでグイグイ入り込んでくる。
道を譲らない。

ひとことでまとめると【待つことが出来ない】人が多い。
年齢関係なくね。

AC広告。いいこと言ってるじゃん。

やわらかい心をもちましょうって。

あとね、アタシ、自分に金かけるのって苦手なんで
特に服装とか流行りに乗らない。

でも人の物とか
【どうせ買うなら!】なんて時は頑張るわけよ。

そんで店員さんには【この糞が!】と思っても
「ありがとう」はレジでも注文でも言うようにしてるわけ。

「その時だけ」かもしれない。
でも「もしかしたら」もあるわけよ人って。


見た目でアホみたいな主観おしつけんのは【何様?】なわけですよ。


世の中、真面目【そうな】人が犯罪しちゃったり
見た目【イケ】てる人が【いけない】ことしてたりね。


はたまたストーカーなんてのも存在するわけ。
こっちは知らないのにロックオンされちゃう。

そんなこんなで散歩。
これの前に日記更新した通り。
ちゃんとしてますよ。


そんで毎回毎回感じるのが【何様だってのよ】な感覚。


買い物も金額そここそ買うと【ポイントカード作ります?】とか
【またのご利用】なんて言われたり。


んでここ1ヶ月でアチコチ行ってるんだけど
アタシが話しかけたい人って この辺で最近いねーなって気づいた。

アタシ、結構人見知りなんです。アタシを知ってる人は理解してくんないけど。
必要の無い会話は極力したくない人なんです。アタシを知ってる人は理解してくんないけど。


1人で道に迷っても人に聞いたことは生まれてこの方一回もありません。
昔はコンビニ探して地図買ってました。
もしくは諦める。

でも2人だったりすると一緒に居る人が疲れちゃうから人に聞く。


この1ヶ月で千葉、神奈川、大阪、行きました。
知らない人と何人話したか覚えてないくらい話した。

同じような場面は今の居住地、埼玉西部でもあるけど
まず話す前に【はぁぁぁぁぁ????】って不愉快になることの方が多い。



・・・・もしかして今年入って10キロ太ったせい?






ガッツリ休んでる場合じゃねーな…
posted by がめたん at 01:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

自分メンテ最終段階

刺青を消すためにレーザーを当てて早一ヶ月。

1458149029885.jpg


1458149046687.jpg

1458149512906.jpg
5月頃、もう一回レーザーあてるようかしらねぇ…

あと2ヶ月くらいで最終的な皮膚状態になるとのことなので
まだ消えてるとは言いにくいですが、
裏面はきれいになってます♪
ちなみに表面の部分は「中で炎症を起こしてる状態」なんだそうです。
アタシとしては色素沈着にしか見えないのだが…

あとは。
他に肝機能がどうもよろしくないってことで漢方治療。
耳の良性腫瘍を切除して今週抜糸。
子宮筋腫はかなり小さくなってるので切除は不要♪

痛み含めた体調不良は少し改善。
あとは急増した体重を落とす為に体力を少しずつ増やすべ♪

なとこまで来ました。


そして当然のことながら、
勉強の【べ】の時もしないまま
准看護の資格試験を受けに行き
当然のことながら受かりました。

っつか、学校で受ける勉強と模試だけで十分なんですわ。

それをまともにやらない&相当思考がズレてる
のコラボレーションがあれば落ちる。

学校なんかいかなくても受かると言う人もいる。
学校はあくまでも受験資格を得るための単位取と。

いや〜それはそうかもしれないが、
学校行ってたって
「お前がマジで看護師になれんなら日本の平均寿命が格段に下がるわ」
「絶対君が務める病院には搬送されないようにします!」
と思える学生が多いわけですよ。

そんでも受かっちゃうんだから(笑)

98%とかの合格率なんです。

だから残りの2%の方は 申し訳ないけど「落ちてくれてありがとう」なんです。

2%の中には「自分は受かりたくない」or「受かるべきではない」という人も居ます。
それでも「落ちてくれてありがとう」なんです。

98%の中に「どうしても受かりたい=どうしても先に進んで学びたい」という人も居るのも事実ですが
大半は「ここまで来たんだから取れるもんは取っておこう」な人ばっかです。

そういう人種に針さされたり、具合が悪い自分を委ねられますかぁ?

無理無理。アタシにゃ無理。


ってことでアタシ自身、メンテナンス実行。

痛みは主観性が顕著に表れる。


そんな時に医者に「様子見ましょう」と帰されることもある。

いや、様子見てから来てます!ってなるわけです。

薬を飲んで改善されるか様子を見ましょう。が正解なんですよ。

何も出されず何もおかしくないと言われアチコチに行く人も多いと思います。
でもソレは「何がどのようにおかしくて いつ頃からどんな感じに続いてるのか」
ちゃんと伝えられない、言いづらくて言えない人も居る。


初診で行くと大抵【問診票】を書かされます。

でもソレを最初に受け取るのは事務員です。
もし、「情報が足りない」と感じればソコで患者に質問すると
大抵の患者は【看護師になら言える】んですよ。

事務員が見る→医師が見る

で省かれてるのが現状です。


そこがソモソモおかしな仕組み。

法律で【診療の補助】【療養上の世話】があります。

つまり、初診の段階で何もしなくて良い とも受け取れる。。。。残念な話。


人に気遣う方だと痛くても苦しくても言い出せない人も居る。
待ってる間に更に具合が悪くなる人もいる。。。


でも「資格だけ取るだけ取ったるでぇ」なヤツ、
もしくは学ぶべき期間に学んで無かったヤツが資格だけ取ってしまったヤツに

痛みが…
本当にしんどい…

なんて言ったところで結果は見えてます。


アタシは看護師の資格を取ろうと思ったキッカケがコレ。


喉に物詰まらせた患者に声をかけるだけのナース。
更に喉に詰まらせる危険があると伝えても聞き入れなかったナース。
心肺停止しても「看取りだから」と言って医師が来るまで何もしなかったナース。



AEDの訓練は一般人でも受けれます。
にも拘わらず、看護師でも受けた経験のない人は大勢います。

仮に受けていたとしても「人形」相手ですから
真面目に受けない人も多いです。

アタシは一般講習を数回受けてますが
看護学生より一般の方の方が真剣に受けてる。


時代はどんどんIT化していくし機械精度も高くなる。
だけど【人の痛みや苦しみ】を理解しながら接することは低下していくこと間違いない。


国のせいでもなんでもない。
人の責任ってヤツです。

アタシ自身、身をもって感じることです。

まずは己。
無責任に行動すると どっかで心苦しいんですよ。
でも他人からすりゃ「それくらい」って言われるんです。


だから気を抜くとアチコチおかしくなるわけです。

約2週間 主に家で映像を見てました。引きこもりました。

いや〜〜〜ソレはソレで本当に疲れる。

でもずっと立ってるのも今はまだチョイとしんどいので
天気の良い日は少し散歩をしてみようと思います。

散歩ってしたことないので
写真を撮ろうと思います。

ってことで贅沢にカメラを購入してみた。。。。

久々の自分へのご褒美ってことで(大汗)
posted by がめたん at 03:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

27年の刺青あばよ

本日レーザー治療してまいりました。
左手薬指に入れた刺青さん さようなら。
刺青2.jpg

刺青3.jpg

刺青1.jpg


27年前、かっこいいな〜から
入れなきゃ気が済まない!までに半年くらいあったけど
縫い針まとめて割りばしに巻き付けて入れたのね〜。
痛かったけどぶっ通しでやって汚いけどなんか満足しちゃった。
今でも覚えてるのはなんで手の内側って分厚いんだ?!って思ったこと。
足の裏もそうなんだけど 今は看護の勉強してるから仕組みはわかる。

でもよく出来てるよね。生き物って。

話反れる前に。

ということで、アタシの場合、
1、機械で本格的にやったわけではない。
2、今の時代、レーザー治療は主流

という点から Qスイッチの種類のルビーでやりました。


と書くのは、アレキサンドライト、YAGと
Qスイッチでも3種類ある現状。

27年刺青を消したいと考えるキッカケは何度もあった。

なので私の中でYAGは進化したバージョンで救世主とも思えた。

だがしかし。時代は更に進化をとげて
その3種類の比較云々よりも【使い方】=Drの腕次第 っつーこった。

どんなに良い機械があっても使いこなせにゃ意味がない。
それはPCやスマホなんかも含めて機械と人間との関係はコレしかない。

そしてネットで検索〜♪

そして出した結論。

アタシはアタシの感に従うし、アタシの感覚に合う形で良いとみなす。

ということで

とある勉強熱心な先生の文献を拝借。

ルビーの裏側のお話しをネットで公開してました。
【病院での購入を促すために、メーカーが積極的に医療機器としての申請と、治験を行って、保険適応を通した、という事情があります。保険適応があれば、国公立の大病院への導入に有利です】

でもその先生はYAGを導入されてます。
導入する前に様々な角度、方面から調べ、きちんと使いこなす方法を学ばれてます。

他にはルビーとYAGを使い分ける為に【贅沢な導入をしてます】と記す先生もいた。


アタシは最終的に【切るべきかレーザーにすべきか両方言ってくれる先生が良い】
と考え、学校の臨時講師である皮膚科の先生の講義がスバ抜けてアタシ好みだったので
授業終了後に飛びついた。

そんで【技術面で優れてると感じる先生がやってるクリニックを教えて下さい】と刺青を見せた。

んで今日に至る。


経歴が優れてるということで患者は老若男女。
かといって待ちくたびれるわけでもない。
皮膚、形成、美容とやってるが、どちらかというと皮膚科メイン?と感じる雰囲気。
イジってます〜〜〜!なナースが居るわけでもなく。

先生も必ず説明の時に絵を描く。んでわかりやすい説明なんだ。コレが。
そんでもって余計な話しはしないし聞かない(笑)

日程的なことも診察室出てからナースと決めて的な
歯科的感覚。
意外性ありながらも「本来そうあるべきだな…」と思える感覚だった。


すべてサクサク。
クリームタイプの表面麻酔。30分後にレーザー照射。

いや〜。。。意外に痛かったっす。
呼吸方法をコントロールするレベル。

表面麻酔って本当に効かないの。デブは…脂肪がねー。いや脂質がねーーー。。

55照射。1照射800円。コレがなんとも嬉しい価格。
美容整形だと2000円とか取るとこもある。
先に記したQレーザーの種類がわからんけど。
アレキサンドライトだと高いっつー話(機械そのものが高いから)


んで結果的には数ヶ月でどうなるか。
いわゆる色素沈着がどう出るか。

でも先生いわく「ものすごく良い反応」と笑顔。
アタシ自身「えええええええええ?!元の皮膚より白い〜〜〜〜」と驚いた。

そこで「一旦こうやって色が抜けるけど段々浮き出て
    それがまた段々薄くなっていく感じになります」って。

これだったら切らなくて正解だったとも言われました。
どうしたって傷跡が残るからねぇ…

今はキズパワーパッドみたいなのを巻いてます。腫れてます。
術後30分くらいがMAXの腫れ。


刺青4.jpg


パッドが自然にはがれるまでも楽しみだし
数か月後が楽しみ。
先生いわく、再照射するとしても半分も必要ないかもしれない。とのこと。

来月は耳の【耳珠】ってところに出来てるホクロの切除手術しまーす。
マジででかくなってきたので…
それも浸潤麻酔(歯医者の麻酔)でやるっていうからさ〜♪

本当にお手軽になりました。っつーか保険適用(良性腫瘍)だから2万かからないらしい。
すげーなー。もっと早くに知ってりゃ良かった。
イヤホンとかすると数日後には腫れて痛くなってたからさぁ。

うずいてかゆくて引っ搔いてウギャーーー!なんてこともシバシバ。


ってことで残すところ子宮筋腫のみ。

春休み中にメンテメンテ♪

posted by がめたん at 00:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月07日

あけちゃっておめでたかった

明日から学校です。
週末には引っ越しです。

冬休み中、ひたすらブチ切れて
つま先ぶつけまくり
手先挟みまくり。

本当に思考回路が底辺な輩が増えまくって
イラつきがハンパねー。

マニュアル以外のことが言えない&やれない&考え付かない

ならまだしも
「それは○○で」なんぞ底辺の主観を押し付けやがる。


つまるところ気遣いの方程式は年代別で違うわけではなく
身の程知らずな主観教育はどこで行われているのだ?

評価・評論能力ばっか高まって
実行能力は無いって不思議。

反省だとか振り返りも出来ず
計画性もまったくない。
応用も出来ない。

【余計なことはしない】って方程式なんだろうけど
機械化され続ける世の中で
人間が存在価値を高めないってのはいかがなものか…


本来 痛みを知る人は
考え深い生き物になりやすい。


はずが

痛みを知ることで精神的に病む傾向や
犯罪傾向に向かいやすいと言われる率が高まった。

痛みのレベルが複雑になったからなのか。


いや、親が借金しようが自殺しようが
借金返済に何十年かかっても
法をおかさない人種もいる。
法をおかせば情状酌量。

意味がわからん。


アタシはその中間で
借金を返済しきれずに自己破産をしたが
免責後の7年間を【罪】として自分に当てはめて過ごした。

7年を過ぎて1年経過し
アタシは【再犯を犯さない】と意識してる。

ドうつで自己破産はアッサリと認められ
【たった300万】で自己破産したのだが
アタシにしてみりゃ【されど300万】だ。


「7年で返せる金額だったんじゃない?」と言われる。


いや、あの頃アタシは自分が生きてくために
何かをしなけりゃいけないという感覚すら持てなかった。

何も出来ないまま年数を重ねていくんじゃねーかって感覚が
本来のアタシを呼び起こしたのがキッカケで
【うつで自己破産をする人は多い】
【自己破産をきっかけに病気を治そうとする人も多い】


そう言ってくれたのがたまたま相談に行った
司法書士の人だった。

弁護士じゃなかったんだ。


だから「ここからここまでは自分自身でやって下さい」って流れが
更に本来のアタシの性格を呼び戻すキッカケに繋がった。

成せば成る。
口先だけの人種になりたくねー!なアタシに。


でも今思うと
そういう人種は今の世の中では【出る杭】なんだよね。


アタシは中学も2年しか行ってないし、
家庭は嘘でも裕福だったなんて絶対言えない貧乏家庭だったわけ。

しかもウツになってるってことはよ、
出来もしないことやろうとし続けたから壊れたってことですよ。

でもさ、そんなこと言ったところで
何も変わらんわけだわね。


でもね、アタシはアタシの進化を止めたくないので
自分が変わってきゃいいやって割り切ることにした。

アタシはアタシが助けたい人しか助けないし
伝えたい人にだけ伝えてきゃいいやって。

いつまでも自分は仕方なく病んでて
仕方なく「したくもない生活を続けてる」なんつー人と
関わってもアタシにはメリットが無い。

世の中には生まれ持っての病を抱えてる人もいる。
世の中には身から出たサビじゃないのにケツ拭き続けなきゃいけない人もいる。

アタシはそれでも時間を無駄にしたくないと考える人に近づける生き方がしたい。


それじゃーいかんのだよ!と考える人でいたい。


そう思う年末年始でございました。





posted by がめたん at 02:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月19日

お引越し

思い起こせば実家から出て9回目のお引越し。
別に転勤族でもなんでもないのですがね。。。

実家が無いってのは本当に不便で
荷物が半端ねーのですわな。

「あ、お母さん?○○そっちにあるよね?貸してくれない?」
なんてことも出来ず。。。
たま〜に来る客の為に布団やらタオルやら食器の枚数まで【ご家庭レベル】


まぁそんあこたぁいいとして。

まぁ進学することが引っ越しの理由になるわけです。

片道一時間ちょい。
道路規制されると1時間20分とか。

すすすい〜っと行ければ50分だったり。

実習だと往復3時間とかきついわけですよ。
あくまでも車を走らす時間なので、
車から降りて目的地まで歩いて
着替えて準備して提出物集めて〜なんてやってると

【常にアドレナリーーーーン】な時間がハンパねぇの。

だから【実習終了】って控室戻った瞬間 ドカーーーンと疲れる。

そこで帰宅までにまたアドレナリーーンわっさわっさで
記録して〜なんてやってんと寝る時間が4時間ありゃ御の字の平日…

老体にムチ打ちまくったとこでヘロガッパ。
QPコーワゴールドαなんて1日もたないもんね。

看護学生は専門学校系は大抵働きながらの人が多い。

朝数時間はたらいて授業終わったらまた数時間とか
週末の休日を夜勤したり。

でも実習中は休みにして週末だけ夜勤とか
夕方のみとかになるんだよね。

それをアタシは完全に出来ない。

みんなと同じことしたら寝る時間が2時間とかになっちまう。
車運転してる時間に提出物(記録)が出来てしまうのよね…


な生活が耐えられないと思って仕事はせずに学業のみ。ありがたや〜。。。

でも引っ越したところで片道30分になる程度。
その分 進学したら授業のコマ数が増える&昼飯持参の日々になるからね…
どーなることやら…

でも引っ越しは気分転換になるし大掃除出来るから好き。

家賃2か月分くらいの引っ越し費用がかかるけど
そんなもんは同居人が出すから関係なし。


貧乏で人生ムダにしたって何年も卑屈になることがあったけど
このトシで金の心配しなくてよい環境はありがたい。

いつまでもあると思うな親と金。
貧乏なまま親がサッサといなくなって30代後半まで金の苦労引っ張って…

年金もらうまでには多分安定した給料は稼げるだろうから
神様は本当にいるのかもしれないなって思います。

いつまでもいると思うな神と金…

posted by がめたん at 02:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする