2014年06月09日

ハゲしいぜぃ

白髪スピードが早まってまいりました。
逃避失神 もとい 頭皮湿疹も ッンパねーっす。

どこもかしこも【他での経験あり】ってとこに
【ずっとココでやってます】な輩がビシビシと落雷するんですわ。

それに対して【イジメだ…】って凹めばいいわけです。
そーじゃねー性格だからエンジンかかっちゃうわけで。。。

毎回毎回 このパターンくらうとですね、

【処女かどーか気にするチッセー男】とレベル一緒じゃね?

と存在そのものを消すわけです。アタシの視界から。


しゃーねーもん。経験あるもんは消せませんからね。
だったらお前を消す。

ん〜。素敵な方程式。




とやってましたら
ある意味精神病なんでしょうね。
【シカトされるとまた攻撃したくなる】みたいで。



いいかげん。


アタシも大人なんで。




「だまってっからってイイ気になってんじゃねーよ性格ブス」



と目を見て言ってしまいまして。






そしたら味方?引き連れて攻撃2倍になりましたが。



【仕事以外のコメント一切無視】



してるので【一応業務に逆らってはいない】状況を1カ月クリア。




んでもってテストなんつーもんを受けたりだ〜
学校と仕事やってっと丸1日休みってのは週1日で
きっちり掃除やら きっちり昼寝やらしてみたり。






いい加減 タバコだけでは憂さ晴らしにならないので
パナソニックの頭皮エステ買ってしまったぜ。フフフ。



これで抜け毛とカユカユから解放されたら嬉しいな〜。



往復2時間半の通勤通学。。。

そろそろかったりーぜベイベー。。。
posted by がめたん at 20:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月19日

学生生活

もうすぐ42になりますが学生スタート。
いや〜中卒でキッついわぁ…

なネイティブな発音と
見る・書くで覚える教育だったことへの苛立ちがリンクしております。


でもね、やっぱし勉強ってんじゃなくて
【興味のあることを知ろうとすること】は大好きなんだな〜って実感してる。


あの時、
金銭的に行きたい高校へ行けない(公立なのに…)
高校なんか行きたくない。

とかたくなになっていた頃、
ジュエリーの世界に行きたい、看護婦になりたいってのが若干あって、
看護婦の受験日が終わってて、
結局金銭的にも無理だったってなって
ジュエリーなんて…って古い頭のオカンにゃ理解出来なかったみたいで。

ましてや甲府に単身で住み込みなんて条件で。。。




やっぱり通い始めて思うのは
【やっぱり今で良かったんだ】ってこと。


遅いだのなんだの まぁマイナスなコメントが多いですが
アタシにとって【やっぱり今】なのだ。誰が何と言おうが。


大変?

それはアタシが感じるか決めるかすることです。


キツい?
それも同じこと。


大変じゃない。
といっても信じてもらえることもなく。


大変ってのは
【やってる気がする】
【達成感を味わえる】
ことだと思うのだ。


【何やっても終わりが見えない】
【どうやっても解決しない】
のも大変と言うが


アタシの大変は前者。


後者は大変というより【無駄】


終わり見なきゃいいし、解決しないなら方向変えるしかない。

それでも前者の【大変】に繋がらないならサッサと去る。


だって【努力したって無駄】なら時間の無駄。




なーんて人間になっちまったのは想定外だったが。。。



アタシは熱いヤツと言われてた時期がある。


ただ、そのあとにオーバーヒートをしちまった。



だから今はちーと自分を客観的に見るようになった。




それでいいんだと思うまでも時間がかかった。





【だってアタシの人生だもん】



これが自分の処方箋用語。






アタシがアタシを愛してやんないで誰を愛せんだよ。



アタシがアタシを信じないで誰に信じてもらえんだよ。






そう。


アタシはずーーーーっとそうやって生きてきた。






それがアタシの学生生活で久々に思い出せた感覚。





また熱い女になれんのかも・・・?
posted by がめたん at 00:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月19日

ぐぉぉぉぉ!!!

次の職場で仕事が始まるまで2週間の無職期間。


昨年11月末から

引っ越し
お受験
体調ヤンキー

これで3月までジワジワ過ごしちまったんで



完全に 暇っ

なモードに耐えられません。


なぜこんなに時間が経つのが遅いんだ????


なぜこんなに「暇だったらやりたいこと」が


無っ

探す気も無っ


のだ…



そこでフと…



だから「つぶやき」だとか流行っちゃうのね。。。




とりあえず草むしりも終わっちゃったし除草剤も撒いちゃったし
図書館行くにも何を調べようか…





事実婚


皮クラフト


NISA


資産運用








2週間で何が出来るっての。





ん〜。ロペのDVDでも観るか?(友人に勧めた割に自分では観ない)




ん〜。




とりあえず共通してるといえば本だな。





いってきまーーーーす。





あ。
高卒認定のザックリ本も買ってあるんだよなぁ・・・・




勉強はしたくねーらしい。



すんばらしい大人の事情。
posted by がめたん at 16:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月11日

あれから三年

アタシには3年前から変わらない目標がある。

あの時に出来なかったことが出来るようになる。



大抵のことは出来た。
浅く広くかじることがアタシの「生きる知恵」だと信じてたから。


自分が生きるための知恵しか考えてなく、
自分以外に役立つ知恵=情報でしかなく、
自分以外に役立つ人材ではなかったのだ。


それをコテっぱんに思い知らされた。
それが東北の震災だ。


アタシは今でも【東北の震災】と言うし記す。

東日本大震災というフレーズがどうしても気に入らないのだ。

JRや電力会社、その他【西日本】【東日本】と区分けしてる。
それと同じように扱われちゃかないません!というのが気に入らない理由の1つ。


帰宅困難者や業務の乱れなど、確かに影響はあった。


だけど、3年たった今、数字やデータで【復興停滞】しているのは
原子力爆発があった福島県がグンを抜いてトップだ。


悔しいだろう。

原子力に救われた時代もあったのに
原子力のせいで…と嘆く日々が3年弱。



3年たった今、汚染されたものを入れた土嚢が破れてると またメディアで流され、
それと同時に他の県は着々と復興を進めてるような映像も流れる。

そしてあの時の映像がまた延々と流され、
ビフォー アフターのように比較され…


アタシは直接的な被害も家族を失ってもいない。
だが関連死に認定はされないが東京在住の知人である老女が
心筋梗塞で亡くなった。

それも震災の当日ではなく
半年近く おびえ続け、贅沢をしてはいけないと節制し、
自分は幸せな身分だと言い聞かせ どんどん衰弱し
具合が悪くても笑顔を絶やさず病院も行かず。。。

東京女子医大の有名な心臓外科医にめぐりあうも
「この状態で生きてることも話せることも不思議」と言われ
最後の最後まで【ありがとう】を言い続けてた。


アタシは母のことを思い出せば まだ涙が簡単に流せる。

3年前の映像は喉や鼻や目の奥がギュっとなるくらい痛い涙が流れる。
これも【簡単に】


戦争のことは【二度と起きてはいけない出来事】として
60年たとうが流れ続け世代交代しても受け継がれている。



アタシは医療の世界に飛び込んで2年がたった。

「なんでこの世界に」の質問があると必ず【東北の震災がきっかけ】と答えるし記す。

そのたびに【ご家族が?】など【お決まりのオウム返し】をされる。
まるで「そうでなければいけない」ような質問がえしだ。


これが現実なんだ。。。と毎回なんとなく悔しい思いをする。


自分の身内が巻き込まれなきゃ悲しんではいけないのか?
自分の身内が巻き込まれてなきゃ この世界に一念発起で飛び込んじゃいけないのか?



でもそんな気持ちも今日少し薄れた。


まだ見つからない遺体を捜したくて潜水士になった方がいると知った。
まだまだやれる!と踏ん張ってる高齢者も居ると知った。


でも少し悲しい気持ちにもなった。


あの苦しみから逃れたくてなのか
耐えられなくてなのか
自ら命を絶った人も少なくなかったという現実。
3年たって強くなったのは金銭欲という人も少なくないという現実。


でもまた少し明るい気持ちになった。


被災地の学校に入学するも その学校そのものが無い。
それでも無事に卒業式を迎えた学生たちのリアルな夢がニュースで流れる。



楽天イーグルス。
東北楽天。
あの優勝もそうだが
スケートの羽生君にしろ豊岡のサッカー少年達も。。。


場所が無くてもやり続けた結果を残してる。




アタシが彼らと同じ年代だったら。



きっと【あの場所】ではなく【違う場所】を求めて進んだはず。
【戻りたくても戻れない】と言い続け言い聞かせていただろう。


今のアタシには戻る場所なんてものは無い。
作るしかない。

でも二十歳前後の時は戻る場所も頼る場所も選べた。


あれから【まだ3年】


でもアタシは今回進むべき道をやっと見つけた感がある。


本当は人が嫌いだし世話も好きじゃないで
看護や介護は苦手と言える。


でも考えることも向き合うことも好きなのだ。
そしてアタシに長年足りてないものは【やさしさ】と【寄り添う】ことなのだ。


来月からまた職場を変える。
学生生活を送るにあたって現在の職場は受け入れを拒否したので(笑)


でもそれでいい。
現在の職場で得るものは何も無いと たった2ヶ月で見切ってしまった。
あとの10ヶ月は惰性だった。

その前の職場は人間として 患者にかかわる者として学ぶ1年だったので
現在の職場での10ヶ月は 本当に苦痛だった。。。

そんな2年だった。


被災地で復興を心がけてる人達の3年。
アタシの3年。


変わらないのは【進みたい気持ち】だけ。


来週から2週間 アタシは無職になる。

福島に行きたい気持ちが爆発しないようにコントロールしよう。




だって代車なんだもん。

























posted by がめたん at 19:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月12日

准看護学校 合格

看護専門学校 准看護科
倍率5倍。

41歳にて合格〜。



いや〜大した教科受験ではないので(国語・小論文・面接)
所属(学校がある地区の医師会病院での勤務)が無いと厳しいというのが現状なのだが…

所属は隣市だったせいなのか
オトシを召してる分 オクチが達者だったからなのか…
集団面接(5人)で最後だったから印象に残ったのか。。。
受験番号が100番だったからなのか…

41歳で学生ですわ。
中卒なので…学割使いまくってやる〜〜〜〜!!!

と言いたいとこだが、
学業と就業両立なので旅行行く暇も金もねー。

携帯くらいっすかね…


とにかく高卒認定も視野に入れて ばばぁフルスロットルですわ。

posted by がめたん at 03:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする